ブレッシュホワイトニング 薬局

ブレッシュホワイトニングで口元のケアを徹底しよう!

歯の汚れが気になって人前で思い切り笑えない…。

 

こんなお悩みを抱えていませんか?

 

歯医者でホワイトニングしたいと思っていても費用の面や通うのがめんどくさいなんて思っている方もたくさんいると思います。

 

そんな時に自宅で簡単にホワイトニングができるのがブレッシュホワイトニングなんです!

 

毎日、5分歯を磨くだけで簡単にホワイトニングできるのがなんといっても最高のメリットかなと思います。

 

 

当サイトではブレッシュホワイトニングは薬局で売ってるのか、市販について詳しくご紹介します♪公式サイトでお得に購入できるトクトクコースについてもご紹介するので要チェックですよ。


ブレッシュホワイトニングは薬局に売ってるの?市販で買えるかチェック!

まずはじめにブレッシュホワイトニング薬局に売ってるのか、そして市販で買えるのかご紹介したいと思います。

 

ブレッシュホワイトニングは、ウエルシア薬局やサンドラッグ、マツモトキヨシなどの薬局では市販されていないです。

 

また、ドンキホーテやロフト、ダイレックスなどのディスカウントストアでも販売されていません。

 

このように、ブレッシュホワイトニングは薬局などの実店舗での販売はされておらず、購入できるのはネット通販でのオンライン販売のみとなっています。

 

そこで通販サイトでブレッシュホワイトニングが販売されているのか調べたところ、Amazonでは送料無料で3,582円で販売されています。

 

そして楽天では送料無料で3,940円で販売されていました。

 

さらにYahoo!ショッピングでも楽天と同じく、送料無料で3,940円で販売されていました。

 

しかしブレッシュホワイトニングをお得に購入するのであれば、公式サイトの定期コースのトクトクコースで購入するのが良さそうです。

 

定期コースなら、6個の特典が付いてくるのでお得に購入することが可能です。

 

それは、単品の価格で1本30グラムが3,980円のブレッシュホワイトニングが、初回限定は約65%引きの1,480円で購入することができます。

 

さらには2回目以降だとしても通常価格より30%引きとなり、1,240円引きの価格で購入することが可能なのです。

 

つまり2回目以降は、2,740円で購入できお得になります。

 

また送料も全国どこでも無料で、お届け周期もいつでも変更可能です。

 

そして安心の30日間返品保証制度もあり、歯磨きパーフェクトガイドまで付いて来るのです。

 

1世帯1回限りではあるものの、ブレッシュホワイトニングを購入するなら、これだけの特典が付いてくる公式サイトのトクトクコースでお得に購入するのが良いと言えます。

ブレッシュホワイトニングのホワイトニング効果と成分をチェック!

ブレッシュホワイトニングには歯を白くする効果があります。

 

それは、成分にポリリン酸ナトリウムが配合されているからです。

 

ポリリン酸ナトリウムは、普段の歯磨きでは取れない歯の汚れを落とし、黒ずみや黄ばみの原因となる歯石やステインを着きにくくする効果があります。

 

その結果、歯を白くする効果が期待できるのです。

 

さらにこの成分は殺菌することで、口腔環境を整える作用もあります。

 

またポリリン酸ホワイトニングといって、クリニックのホワイトニングでも使われる成分として知られています。

 

そしてこの成分は、元々生体内で存在します。

 

そのため、ポリリン酸ナトリウムは安全性が高い成分とも言われています。

 

またブレッシュホワイトニングには、歯の汚れの付着を防いでくれる天然成分が配合されているのが特徴で、ドクダミエキスやチャエキス、オウゴンエキスが配合されています。

 

さらにブレッシュホワイトニングは、虫歯予防や汚れに強い歯を作る効果もあります。

 

理由としては、グリセロリン酸カルシウムという成分が含まれているためです。

 

この成分は、骨や歯を作るカルシウムを補給してくれ、歯の再石灰化を促進します。

 

またブレッシュホワイトニングはただ歯を白くするだけではなく、口臭や歯周病にもアプローチしてくれます。

 

それは、グリチルリチン酸ジカリウムという成分が含まれているからです。

 

この成分は、甘草という植物から抽出される成分で、口内環境を整えてくれる効果があり、炎症を抑える効果があるのです。

 

さらに、ブレッシュホワイトニングには、研磨材、発泡材、安定材、界面活性剤、酸化チタンなどの成分が含まれていないのが特徴です。

 

そのため歯を白くする効果は高いながらも、安全性も高くこだわって作られていると言えます。

更新履歴
page top